自分でも

コンクリート工事の種類と費用について

コンクリート工事は、土木や建築といったさまざまな場所で行われている一般的なものです。そもそもコンクリートは、砂、砂利などの骨材を水とセメントによって凝固させた人造の石であり、優れた強度を持っており、現代社会においてなくてはならない建築資材となっています。 コンクリート工事といってもその種類が多くありますが、現在では生コンが使われるのが一般的です。生コンはプラントで砂、砂利、セメントと水が配合され、それをミキサー車によって混合しながら輸送し、現場でそのまま流しこむというものです。これにより現場でコンクリートを作る労力が節約され、また適正な強度が出せるコンクリートを作ることができるメリットがあります。

コンクリート工事を行うためには

コンクリート工事を依頼する相手としては、建築会社や工務店などがあります。また個人でもコンクリート工事を行うことができます。 コンクリートは砂利、砂、セメントと水を適切に混ぜることで作ることができ、これらの素材はホームセンターなどで売られています。セメント単体の場合には25キロ程度で500円ほどで売られており、砂利や砂も20キロ程度で300円ほどで売られていますが、素材を適切に混ぜ合わせる必要があります。またこれらを配合したドライコンクリートの場合には25キロ程度で600円ほどです。しかし、コンクリートは練り合わせるのはかなりの肉体労働になりますし施工には経験や練り合わせるための道具などが必要になります。