雷を安全に対処

高さ20メートルを超える建築物への避雷設備の設置義務

避雷設備は落雷の被害を防止するために設ける設備であり、一般的には避雷針などと呼ばれる避雷設備をビルの屋上などに設置をし、落雷を避雷針に誘導して、ビルに直接落雷が起きないようにする目的で設置されているのです。 尚、避雷設備と言うのは設置義務というものが有るのですが、この設置義務は建築準法によるもので、高さが20メートルを超える建築物には設置が必要とされています。 但し、高さが20メートル以下の建築物の場合でも、落雷が起きやすいエリアなどでは避雷設備を設けておくことで落雷の被害を受けずに済むのです。 そのため、建築物の高さが20メートル以下となる低層構造のマンションなどに避雷針が設置されているケースも有ります。

避雷設備の設置基準と日本工業規格について

避雷設備と言うのはビルの屋上やマンションの屋上などに設置されている避雷針であり、建築物の高さが20メートルを超えた場合には設置をしなければならない決まりが有ります。 この決まりは、避雷設備設置基準と呼ばれるもので建築基準法の中で定められています。 また、避雷設備は建設大臣が指定を行っている日本工業規格を満たしている構造で有ることが必要だと言います。 尚、高さ20メートルを超える建築物の場合でも、周囲の状況により安全上での支障が起きない場合は設置の義務が無いと言います。 例えば、広大な敷地の中に作られた煙突などの場合は、避雷設備を設けなくても良いと言う事になりますが、煙突の直下に工場などが有る場合は、工場で働く人々への危険も有るため設置が必要になるわけです。